2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサー

無料ブログはココログ

兵庫県

2010年9月19日 (日)

やっとつながる "第3の動脈" 阪神間「山手幹線」

JR神戸線(3)の記事のなかで、山手幹線が芦屋川で途切れていることに何度かふれた。

が、この記事を18日午前中にアップしたあと、当日の産経夕刊のリアル紙面を見たら、「山手幹線」が1024日に64年振りに全通すると一面トップで載っていた。
今になって、web版にないかと探したら、やはりあった。コチラ

現地では、手前に行止まりの標識が掲出されていただけだから、産経の記事で近々開通と判明したわけである。

047
甲南山手駅付近の山手幹線

紙面は写真入りで、芦屋川は景観に配慮してトンネルとし、橋を架けるのは見送られたとあった。
山手幹線の整備が進んだのは、震災後も最近のことになる。
夙川でもとぎれていたりしたが、ここ数年で、武庫川の橋も開通したのも確認していた。
不幸な震災ではあったが、道路整備が促進されたのは事実だった。

024
国道2号線、住吉付近(再録)

今回、兵庫県内の国道2号線などもつぶさに観察したが、非常によくなっている。

国道2号線は使えない道路から、使える道路になっていた。歩道側のプラスの余分、それに右折レーンの取り方もよかった。大阪寄りよりも、神戸に寄るほどに良くなる印象がある。これも震災後の整備といえる。

2010年7月29日 (木)

がんばる尼崎!

梅雨明けから、灼熱地獄のような暑さが続き、連日の厳しい暑さに参りそう。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。暑中お見舞い申し上げます。

大阪は昨夜あたりから、久々におしめりの雨になっています。でも、昨夜の阪神の逆転劇に痛快な思いの方も多いのではないでしょうか。

首位をキープしました。今年は期待できそうな予感。

阪神の話題ついででもないですが、阪神尼崎駅あたりを見てきたのですよ。

ついでに、あまりネットでお目にかかれない場所も見物したり。今回のキーワードは尼崎になりました。

阪神尼崎駅周辺は尼崎市街の中心になっていて、駅周辺にタワーマンションなどが多く立地します。下町的な場所ですから、古くからアーケードの商店街が発達した街です。

尼崎駅の東側のマンション街にある「ルネ・センタラルタワー」が高さ124m、尼崎の最高峰のようです。じっさいより高く見えています。

これは阪神の線路の北側ですが、大規模なデッキで駅まで結ばれています。

そのさらに東側にも長い名前のマンション街があります。「ロイヤルシャトー尼崎・スプリングコート・アクロスタウン」といいますけど、すごい長さでしょ。15階建て程度で高さはないですが、たしか5棟くらいありました。竣工から10年くらいになります。

それから駅南口側の五合橋線の西側にあるのが「さきタワー・サンクタス尼崎駅前」だったかな。これは2年前くらいです。

現在工事中なのが、やはり南口の阪神尼崎駅南再開発事業で「ローレルタワー尼崎」です。

この二つは100mくらいだったと思います。

あと、目立っているのは玉江橋の東側、国道2号線にある「ホテル・ニューアルカイック」です。このホテルはニューオータニに委託していたようですが、撤退したと聞いています。

わたしの知っている阪神尼崎周辺はこんなところです。

超高層は都合4本でしょうか。阪神高速神戸線から見たら、もっとあった気もするので、間違っていたら、ごめんなさい。

008
ルネ・セントラルタワーです。平面変形していて角度によって姿を変えます。

006
手前の左側、工事中の「ローレルタワー尼崎」、右の向こうが「さきタワー・サンクタス」になります。

JR尼崎駅は阪神の駅から2kmほど離れていて、ほとんど関連性はないのですが、躍進著しいのがJR駅になっています。JR尼崎駅北口の潮江地区にはCOCOEなどからなる緑遊新都心地区も完成して、おどろくような変貌ぶりです。

今回、JR尼崎駅は割愛としますが、阪神も油断できません。

代わりといってはなんですが、JR神戸線の尼崎駅のひとつ西寄りの駅、立花駅ですが、この駅前再開発は10年以上前に完成しています。「フェスタ立花」で、ご多分にもれず超高層ツインタワーマンションに、別棟と含め3棟で構成されて低層階は店舗になっています。

019

018
あまり写真がよくありません。下の写真は遠く五合橋線の跨線橋から立花駅です。
はっすぐに伸びる複々線がJR神戸線の特徴です。

023

南北道路は立花駅を跨線橋で越えています。道路は道意線です。

尼崎は大阪平野なので、六甲や北摂の山から遠くて、多くの南北道路があります。車で走った人ならご存知かもしれませんが、独特の路線名が付いています。

東から「玉江橋線」「五合橋線」「道意線」「尼宝線」などの名前で呼ばれています。

今回、取材は車で移動したのですが、帰りは2号線を走ってみました。

歌島橋、姫島を過ぎると淀川大橋を渡り、海老江から野田阪神に入ってきます。

025k
淀川大橋から福島方面、梅田・中之島はあえて外していますので、正直、ショボイ方角です。

026
野田阪神、駅前交差点

028
これは高いのが「OSAKAフクシマタワー」、ほとんど上まで上ったようです。
手前のすこし低いマンションと重なっています。曽根崎通り・2号線、浄正橋付近からです。
今回このへんにします。

淀川大橋から都心の景観も厚みを増しているのですが、野田阪神に近づいて、ちょっとした感動がありました。

失礼ながら、このあたりは場末・下町と思っていましたが、そうではなかったのでした。

大阪はすでに、どこでもすごい!場末もすごい都市になっていると感じたのでした。

駅前を取り囲むビルだけでなく、奥まで詰まっているのが大阪でしょうか。

スポンサードリンク

ウェブページ