2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサー

無料ブログはココログ

交通政策

2010年8月24日 (火)

なんと、なんと! 橋下知事反論!「地下鉄100円ダメ」・・・

平松市長の大胆発言に対して、さっそくの橋下知事の反論が出たのが、産経新聞で報道された。産経「地下鉄100円ダメ」・・・と。

主な理由は地下鉄の利用者は「市外の人の方が多い」「1駅だけ乗ることはない」と報じている。たしかに大阪の事情としては、市外の人の方が圧倒的に多いのは事実・・・。

それは大阪の会社内で、あるいは職場で、同僚なりの居住地を聞けば見当が付く。一流企業であればあるほど、市内居住者がすくない。そもそも大阪府や大阪市の職員自体が市外が多いという実態がある。

1207364195_2

大阪市営地下鉄の一日利用者数は238万人(2007年度)になる。これは大阪市の人口260万人に対して、じつに91.5パーセントに達する。100パーセントに近い。

すなわち大阪市民のほとんど全員、赤ちゃんから老人まで毎日利用していなくてはならない数字といえる。

大阪市域の面積は非常に狭いから、人口は非常にすくなく統計には出る。ここに大阪市の職員数が人口当りに多いとは一概にいえない理由がある。

全国に知らしめるためには、大阪市の人口を限りなくゼロに近づけるしか、分かってもらえないかもしれない。

珍しく、本日二度目の記事になりました。

2010年8月23日 (月)

大阪地下鉄1駅間100円 市長指示

大阪地下鉄1駅間100円 市長指示

産経関西 2010.8.23

 大阪市の平松邦夫市長は22日、市営地下鉄の1駅間の乗車料金を現行の200円から100円に値下げするよう交通局に指示していることを明らかにした。短距離の移動を促し、キタやミナミ周辺の活性化につなげ、市の重点課題である放置自転車の減少につなげる狙い。

 今秋に発表する市政改革案に市営地下鉄サービス向上策の目玉として盛り込みたい考えだ。

 平松市長によると、交通局幹部の中には「収入減につながる」と慎重意見もある。しかし平松市長は「利便性の向上により市営地下鉄の価値を高められる」と実現に強い意欲を示した。

 また平松市長は、地域政党「大阪維新の会」(代表、橋下徹大阪府知事)が掲げる市営地下鉄の民営化について、「将来的には否定していない」と従来の姿勢を示す一方で、「経営形態の論議にいくのは拙速」として、運行のみ民営化する「上下分離方式」も含めて、地下鉄の民営化方針は市政改革案に盛り込まない意向を示した。

2010年7月 5日 (月)

ジェットスター「大阪-台北便」衝撃デビュー

なにわ筋線・東海道線支線のゆくえ、続きは大阪専科ライブラリーに掲載しました。正式の入口は「都市の景観と躍動」です。

ジェットスター「大阪-台北便」衝撃デビュー

014

本日朝刊を見て、ジェットスターの一面広告が目に飛び込んで、衝撃を受けました。

20073月に日本-オーストラリア間に初就航して以来・・・

ネットワークを拡大してきたジェットスター。

大阪-台北:往復4,000円のSALE、本日朝6時~24時までの限定販売とあります。

詳しくはジェットスターホームページをご覧ください。

2007年のオーストラリア便のときもでしたが、関西国際空港を大阪とし、成田をスルーして日本という言い方、日本のマスコミに蔓延しているのと逆になっているのが気に入りました。日本のトラベルエージェントなども見習ってほしいものです。

大阪-シンガポール便もおどろきの往復8,000円とあります。

関空を大阪と表記するのは正しい言い方なので、すこしでも正す意味で取り上げました。

関空は大阪だから、大阪国際空港は「伊丹」とするのが混乱をすこしでもなくすことになります。

予定を変更して、衝撃ニュースを入れました。

015

016

ついに、本日より新たに大阪(関西国際空港)-台北(桃園国際空港)便の運航を開始。うんぬんとあります。

スポンサードリンク

ウェブページ