2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサー

無料ブログはココログ

上本町

2010年8月24日 (火)

過熱する大阪の流通競争

今回も本日の産経関西から「駅直結専門店街 続々誕生へ

 近畿日本鉄道が23日、公開した複合商業施設「上本町YUFURA(ユフラ)」。大阪上本町駅の近鉄劇場跡地で26日に全面開業する。大阪市内では来春までに駅直結の大型施設が続々と誕生する予定。いずれも周辺には既存の百貨店があり、個人消費の低迷する中、流通業界の競争は一段と激しさを増しそうだ。
 
 上本町ユフラは近鉄が大阪上本町駅の近鉄劇場跡地に建設。地上13階地下1階建てで、商業施設は地下1階から地上5階部分を占め、6~8階には新歌舞伎座が入る。

 

      ◇   ◇   ◇   

以前から追ってきた上本町YUFURA(ユフラ)が、826日全面開業の運びとなりました。

005 

しかもただの専門店街・SCのオープンではない。

新歌舞伎座が入居しての複合ビル。これは大阪にしかできない芸当ですから、大きな付加価値をもたらすことになります。

いつも繰り返し言っているのは、どの府県も劇場やホールのような施設は地方自治体による公共施設としてしかできない。大津・びわ湖ホールも西北・兵庫県立芸術文化センターも。が、大阪はちがう!

ほとんどすべての大阪のホール・劇場は民間が設立・運営している。これは他の都市では真似ができない。すごいことだと思ってほしい。

2010年6月12日 (土)

上本町はどう変わるか?

数年前から超高層マンションの建設が目立った上本町も、雨後の竹の子状態は一段落したようだ。代わって工事が進んでいたのが、近鉄上本町ターミナル関連工事。

近畿日本鉄道もご多分にもれず、今年が創業100周年とか。

以前の報道によると、上本町駅整備事業は100周年の平成22年夏オープンをめどに工事が進められていた。目玉は新歌舞伎座の移転先の上本町駅南複合ビル(仮称)だけと思っていたが、いつの間にか近鉄百貨店上本町店が入る、近鉄上本町ターミナルビルも改修工事をほとんど終えて、以前の外観とかなりイメージの違う建物に改装されていた。

036
左の高層ビルが「シェラトン都ホテル大阪」、右が近鉄百貨店上本町店

032

034
左角地に近鉄上本町店、その右奥に上本町駅南複合ビル、その後ろは「ウェリス上本町ローレルタワー」。

やっぱり建物は顔だからね!これは大きい。以前のビルは窓以外変化のない、平面的でのっぺりした感じに見えたのが、こんどは窓ラインの縦ストライプが強調されたデザインになった。なぜか以前より低く見えるのは不思議だが、最上階を横ラインにして、デザイン上分離したからだろうか。

計画概要を見ると、南複合ビルとの間に地下と地上4・5階に空中回廊があるようだ。近鉄百貨店との一体性と、中庭(歩行者広場)も再整備される。

上本町は阿倍野橋ターミナル整備事業より一足早く、この夏オープンのようなので、これも楽しみにしてよいだろう。大阪はじっさい梅田を筆頭に、ターミナル拠点の工事が各地でたけなわである。

あまり目立たない上本町の工事も、地味ながら都市機能に厚みを増して、大阪の大きな財産になる。街の整備という意味では大手私鉄が多数あるのが大阪の強みといえる。私は住まいからは離れるが、天王寺も上本町も馴染みの町なので期待も大きい。

027
南側から、上本町駅南複合ビル。右手前の古いビルは関係ありません。分かりにくい写真です。いちど撮り直したいと思います。

工事名称は「上本町ターミナル整備工事のうち(仮称)上本町駅南複合ビル」である。

上本町駅南複合ビル(仮称)工事概要

1.所在地:大阪市天王寺区上本町6丁目(近鉄上本町駅南隣)

2.敷地面積:約5,500㎡(歩行者広場含む)

3.延べ床面積:約38,000

4.構造規模:地下1階 地上13階建て 鉄骨造 高さ約60

5.建築主:近畿日本鉄道㈱

6.投資額:約130億円

7.全体工期:平成206月(撤去工事着手)~平成22年夏完成(近鉄創業100周年)

フロア構成は、地下1階~地上5階までが商業ゾーン、地上7階~地上13階がオフィスゾーン、地上6階~地上8階が劇場ゾーンとなっている。

地上7階から上は、西棟と東棟に分離した形になっており、正面西棟の上層階はオフィス、東棟の地上6階~8階に新歌舞伎座が入る構成になる。

詳しくは上本町ターミナル整備の全体計画について

この斜め向かい、上町筋西側に建築中だった「ダイワロイネットホテル大阪上本町」がほとんど工事を終えている。オープンは76日となっていた。上本町は公共のホテルは多いが、「シェラトン都ホテル大阪」以外にホテルが少なかった。

030

026

今回、実際に現地を見て、上本町の可能性を大いに感じた。とくに東部低地との連続性に期待を持たせた。具体的には上本町と鶴橋のつながり。鶴橋は上本町の連担補助ターミナルとして、これまでの断絶性から補完関係成立の可能性といえる。

鶴橋駅周辺はすぐには無理にしても、上本町の東側が近年急速に整備され、きれいな高層マンション街として、おどろくほど変貌している。

上本町駅の東側、千日前通の小橋町と細工谷1を結ぶ、南北通りからは鶴橋方面の玉造筋にかけて、地形は東に低く傾斜になっているが、天王寺上町の優良住宅地区が次第に拡大し、鶴橋に接近しているのが見て取れる。天王寺区と生野区の区界はJR環状線にある。

できれば、上本町・鶴橋の詳細レポートもやってみたい気がする。

スポンサードリンク

ウェブページ