2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサー

無料ブログはココログ

« 橋下知事vs平松市長、直接バトル・9月9日府公館 | トップページ | 大阪駅開発プロジェクトの進捗状況について »

2010年9月17日 (金)

「増床後」大阪の百貨店 阪急 期待度トップ 三菱総研調べ

2010917 産経関西

 増床や建て替えが相次ぐ大阪の百貨店で、最も期待度が高いのは? 三菱総合研究所は16日、西日本のターミナルに関する意識調査で、建て替え後に「利用したい」との回答が、阪急百貨店うめだ本店で唯一、5割を超えたとの調査結果を発表した。次点のJR大阪三越伊勢丹も48・7%が利用したいと答え、期待の高さをうかがわせた。

 平成24年に建て替えを終える阪急うめだ本店については「何度も利用する」との回答が15・6%、「一度は利用する」が38・9%と、回答者の54・5%が利用する意向を示した。

 来年5月に開業するJR大阪三越伊勢丹は「一度は利用する」が42・0%と大阪市内の百貨店では最も多く、関西人の物見高さがかいま見えた。

 一方で「何度も利用する」は6・7%と下から2番目にとどまり、固定客の獲得にはハードルがありそうだ。

 平成26年に売り場面積約10万平方メートルと国内最大の百貨店となる近鉄百貨店阿倍野本店については、「何度も利用する」(8・6%)が、大阪市内で2位につけた半面、3割以上が「計画を知らない」と回答。根強い地域の顧客と無関心層との温度差も浮き彫りになった。

 調査は大阪都心部から20キロ圏内の住民らを対象にインターネットで実施。

 大阪では約1087人が回答した。

« 橋下知事vs平松市長、直接バトル・9月9日府公館 | トップページ | 大阪駅開発プロジェクトの進捗状況について »

プロジェクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1256578/36787268

この記事へのトラックバック一覧です: 「増床後」大阪の百貨店 阪急 期待度トップ 三菱総研調べ:

« 橋下知事vs平松市長、直接バトル・9月9日府公館 | トップページ | 大阪駅開発プロジェクトの進捗状況について »

スポンサードリンク

ウェブページ