2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサー

無料ブログはココログ

« 「増床後」大阪の百貨店 阪急 期待度トップ 三菱総研調べ | トップページ | JR西日本 12月から225系の営業運転開始 »

2010年9月17日 (金)

大阪駅開発プロジェクトの進捗状況について

 JR西日本9.15発表・プレスリリース

 大阪駅開発プロジェクトでは、911日にドームの大屋根部分をふさぎ終え、幅10メートルの屋根を左右に7枚ずつ配置し、中央40メートルと合わせ、合計東西約180メートル、南北約100メートルの大屋根が誕生しました。工事は、難工事でありましたが、つつがなく終了しようとしております。

JR大阪三越伊勢丹の開業についてですが、開業目標を23年の春とし、平成16年に着工し、工事を進めてまいりました。
 難工事のドーム部分が完成し、全体が順調に進んでいるなか、今後は残りの工事をきっちりやり遂げ、行政の検査を受け、各テナントの店づくりを進めていくこととなります。
 現時点では5月の開業を予定しており、正式な開業日については分かり次第、ご案内したいと思っております。

 また、大阪駅の橋上駅舎は乗り換え通路として、111日から暫定的に使用を開始します。その他、中央コンコースは、平成23年春に完成予定となっております。

   ◇   ◇   ◇   

以上のように、「JR大阪三越伊勢丹」の開業は来年5月に決定したようです。
これは新北ビル「ノースゲートビルディング」全面開業なのか不明ですが、それ以外の駅構内施設については、工事完成によって順次使用開始となるでしょうか。

ここで大阪駅開発プロジェクトも完成が近付いたようなので、すこし写真で振り返ってみたいと思います。

001
まず、2009年8月撮影、東側から俯瞰写真(阪急ブランドビルから)

Cimg8910
2010年1月撮影(桜橋口から)

026
2010年5月撮影(梅田阪急ビル・オフィスタワーより)

003ask
2010年8月31日撮影(梅田スカイビルより)

去年の夏あたりから並べるとこんな感じになります。
感慨深いものがあります。

« 「増床後」大阪の百貨店 阪急 期待度トップ 三菱総研調べ | トップページ | JR西日本 12月から225系の営業運転開始 »

梅田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1256578/36787801

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪駅開発プロジェクトの進捗状況について:

« 「増床後」大阪の百貨店 阪急 期待度トップ 三菱総研調べ | トップページ | JR西日本 12月から225系の営業運転開始 »

スポンサードリンク

ウェブページ