2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサー

無料ブログはココログ

« 大阪駅開発プロジェクトの進捗状況について | トップページ | やっとつながる "第3の動脈" 阪神間「山手幹線」 »

2010年9月18日 (土)

JR西日本 12月から225系の営業運転開始

プレスリリース続編です。225系電車の営業運転開始について。

915日のJR西社長定例会見によると、225系新型近郊電車は121日から営業運転開始と発表されています。

最高速度が130km/h対応、2列・2列シートの0番代、最高速度120km/h対応、2列・1列シート5000番代の合計226両が投入される予定です。

225

営業運転開始に先立ち、神戸駅・大阪駅・天王寺駅・京都駅にて車両展示会を以下の予定で開催されます。
各会場とも先着1000名に整理券を配布し、車内も見学できる。

10月23日(土)

神戸駅(9;2011;20)・大阪駅(12;1514;30
10月24日(日)
天王寺駅(10;0012;00)・京都駅(13;4515;40

以前の発表によると、平成24年末までの投入としていたので、約2年かけて226両を配置運用にあてるようです。

JR西の資料に運転線区の路線図がありますが、これを見ると、紀勢線(きのくに線)の周参見まで運転線区に入っているようです。

現在の紀州路快速は和歌山止まりですので、紀州路快速の延長などのダイヤ改正も視野に入れているように予想されます。

あるいは梅田貨物線ルートも描かれているので、新大阪発(又は京都発)の紀勢線直通快速の設定もあるかもしれません。やはり大阪駅プロジェクトの開業が大きな転機になるのではと予想しています。

« 大阪駅開発プロジェクトの進捗状況について | トップページ | やっとつながる "第3の動脈" 阪神間「山手幹線」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1256578/36804359

この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本 12月から225系の営業運転開始:

« 大阪駅開発プロジェクトの進捗状況について | トップページ | やっとつながる "第3の動脈" 阪神間「山手幹線」 »

スポンサードリンク

ウェブページ