2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサー

無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月28日 (土)

りそな銀行・社長、本店は大阪を強調!

大阪でよく話題になることに、企業の流失がある。最近に始まった話でなくて、昔からよく話題になることがあった。それはときどきマスコミが報じる情報をそのまま鵜呑みに信じて、経済に関心のないひとも世間話でネタにしているにすぎない。べつに深く知っているわけではない。新聞の見出し程度の話。

ここ23年の間にも、そうしたプレス報道はいくつかあった。日清食品・大林組・りそな銀行といった企業が思いあたる。

どれも大阪本社が東京移転と報道され、しかも誇大なニュアンスで伝えられるので、あたかも大阪から会社がなくなるかのように誤解される向きがある。

これはマスコミの持つ誇大性にもあるし、地域偏向的なへんなメカニズムもありそうだ。本日の産経に「りそな銀行・社長」へのインタビューで大阪流失を否定していた。

Cimg8512

Cimg8695
りそな銀行大阪本部

捻じ曲げた報道が多いので、この手のプレス報道をわたしは信じていないのだが、どうも誤解される報道がおおい事実がある。

過去に移転と報道された企業のその後を追って、事実を調べたらやっぱりマスコミの誇大性が浮き彫りになった。はっきり言って、マスコミ報道はウソがおおい。

近所の食品スーパーに行くと、日清食品の製品が置いてある。今でもちゃんと大阪本社の住所表示が商品に書いてある。大阪・東京両本社制にしたのだが、東京の住所は書いていない。

大林組はたしかに登記上の本社を東京に移転したようだが、組織図を見ると東京本店と並んで大阪本店と書いてある。

べつに気にする必要もない。建築土木会社の本社はよく動くし、地方発祥の会社がほとんど。大阪本社の会社といえども、もとは奈良や富山とか。

これまで大阪はいやというほど企業をかき集めた事実がある。痛くもかゆくもないと思えばいい。

でも、反対に東京本社を支社に降格した、大和ハウス工業などは報道しないのはどうしたことか?

たしかに都市の経済規模があまりに縮小すれば、企業の動向も反映されるのもある。

江戸時代にさかのぼれば、京都→大阪→東京といった大きな流れがあった。高島屋なども今は大阪が本社だが、もとは京都から大阪への移転組だったはず。

記事を書くに当って、企業の公式サイトとウィキペディアを確認してみたが、東レだったか、旭化成だったか、大阪も東京もどこも住所の書いてない企業もあった。

ここ最近の世の中の進化がはやい。一般的にいえばグローバリゼーション化ともいえるのだが、それにともなって、いくつかの時代の変化も読みとれる。

今回話題にした企業本社・本店表記もそのひとつ。

本社・本店とは何かという定義も徐々に変化しているのではないか。株式会社設立では主たる事務所を本店と定義し、明記を義務付けているはず。べつに小売店舗ではない。

ところが最近の傾向として、支店なのに小売店舗名を本店とするケースが急速に広がりを見せている。おそらく20年前ごろから広がったのだろう。

紀伊國屋書店梅田本店などははやくから店名をそうしていたのだが、エディオン傘下の電器店などは本店が山ほどある。

会社の本社・本店も似たようなニュアンス。直接消費者相手の店舗ではないのだが、会社のビルは得意先相手の店舗といえる。メーカーも商社もしかり、どこの会社にも得意先がある。主たる事務所が二か所あれば、二つともに本社とせざるをえない。

これが本来の社会のしきたりといえる。市場規模に応じた営業活動が必要なのはいうまでもない。デパートやスーパーの小売店舗は本来の姿ではない。女性向きの店舗としてあるから派手に見えるのだが。本社の流失とか、そんな報道も時代にそぐわなくなってきている。

2010年8月24日 (火)

なんと、なんと! 橋下知事反論!「地下鉄100円ダメ」・・・

平松市長の大胆発言に対して、さっそくの橋下知事の反論が出たのが、産経新聞で報道された。産経「地下鉄100円ダメ」・・・と。

主な理由は地下鉄の利用者は「市外の人の方が多い」「1駅だけ乗ることはない」と報じている。たしかに大阪の事情としては、市外の人の方が圧倒的に多いのは事実・・・。

それは大阪の会社内で、あるいは職場で、同僚なりの居住地を聞けば見当が付く。一流企業であればあるほど、市内居住者がすくない。そもそも大阪府や大阪市の職員自体が市外が多いという実態がある。

1207364195_2

大阪市営地下鉄の一日利用者数は238万人(2007年度)になる。これは大阪市の人口260万人に対して、じつに91.5パーセントに達する。100パーセントに近い。

すなわち大阪市民のほとんど全員、赤ちゃんから老人まで毎日利用していなくてはならない数字といえる。

大阪市域の面積は非常に狭いから、人口は非常にすくなく統計には出る。ここに大阪市の職員数が人口当りに多いとは一概にいえない理由がある。

全国に知らしめるためには、大阪市の人口を限りなくゼロに近づけるしか、分かってもらえないかもしれない。

珍しく、本日二度目の記事になりました。

過熱する大阪の流通競争

今回も本日の産経関西から「駅直結専門店街 続々誕生へ

 近畿日本鉄道が23日、公開した複合商業施設「上本町YUFURA(ユフラ)」。大阪上本町駅の近鉄劇場跡地で26日に全面開業する。大阪市内では来春までに駅直結の大型施設が続々と誕生する予定。いずれも周辺には既存の百貨店があり、個人消費の低迷する中、流通業界の競争は一段と激しさを増しそうだ。
 
 上本町ユフラは近鉄が大阪上本町駅の近鉄劇場跡地に建設。地上13階地下1階建てで、商業施設は地下1階から地上5階部分を占め、6~8階には新歌舞伎座が入る。

 

      ◇   ◇   ◇   

以前から追ってきた上本町YUFURA(ユフラ)が、826日全面開業の運びとなりました。

005 

しかもただの専門店街・SCのオープンではない。

新歌舞伎座が入居しての複合ビル。これは大阪にしかできない芸当ですから、大きな付加価値をもたらすことになります。

いつも繰り返し言っているのは、どの府県も劇場やホールのような施設は地方自治体による公共施設としてしかできない。大津・びわ湖ホールも西北・兵庫県立芸術文化センターも。が、大阪はちがう!

ほとんどすべての大阪のホール・劇場は民間が設立・運営している。これは他の都市では真似ができない。すごいことだと思ってほしい。

2010年8月23日 (月)

大阪地下鉄1駅間100円 市長指示

大阪地下鉄1駅間100円 市長指示

産経関西 2010.8.23

 大阪市の平松邦夫市長は22日、市営地下鉄の1駅間の乗車料金を現行の200円から100円に値下げするよう交通局に指示していることを明らかにした。短距離の移動を促し、キタやミナミ周辺の活性化につなげ、市の重点課題である放置自転車の減少につなげる狙い。

 今秋に発表する市政改革案に市営地下鉄サービス向上策の目玉として盛り込みたい考えだ。

 平松市長によると、交通局幹部の中には「収入減につながる」と慎重意見もある。しかし平松市長は「利便性の向上により市営地下鉄の価値を高められる」と実現に強い意欲を示した。

 また平松市長は、地域政党「大阪維新の会」(代表、橋下徹大阪府知事)が掲げる市営地下鉄の民営化について、「将来的には否定していない」と従来の姿勢を示す一方で、「経営形態の論議にいくのは拙速」として、運行のみ民営化する「上下分離方式」も含めて、地下鉄の民営化方針は市政改革案に盛り込まない意向を示した。

2010年8月20日 (金)

新大阪:なにわ筋線の補足

新大阪に出向いた理由がもうひとつあった。梅田貨物線と新大阪の在来線ホームの位置と、配線の目視確認をしたかったのでした。

梅田貨物線とは?まぎれもなく「なにわ筋線」の一部になる線路で、吹田から新大阪を通って梅田貨物駅まで複線が続いています。おまけに「おおさか東線」もこの線路に乗入れて「なにわ筋線」と線路を共有する計画になった。新大阪駅にホームがないだけで、すでに完成形に近いのです。

さすがはJR西日本!梅田貨物駅の廃止によって、梅田貨物線の線路はいらなくなる。

これを「なにわ筋線」と「おおさか東線」に転用するという、きわめてまともな考え方になっている。

我々が心配することもないのだが、JR西日本では自らの仕事の設備が線路なので、どこでどうつながっているなんて、すべて把握していて当り前だよね。すくなくとも担当部署ではね。

013
特急「はるか」のホームが11番線。左の2本の線路が梅田貨物線、島式ホーム分くらは上り下りの線路が開けてあるのがわかる。

004

005
大阪行「サンダーバード」 は17番線、新快速も中2面に発着

特急「はるか」は新大阪駅の11番線に発着している。その西側にちゃんと梅田貨物線の複線はあるのですが、ホームがないために新大阪停車のみ梅田貨物線から外れることになる。

新大阪の在来線ホームは4面あって、西寄り11番線から18番線まで。中2面をJR京都線に、外側の2面を長距離列車用に使っている。

023
例によってグーグルアースで上空からの画像です。ホーム1面用意すればなにわ筋線ができる。

「おおさか東線」の当初計画では、18番線のさらに東側に線路を増設する計画だったのが、西側の梅田貨物線転用に計画変更された。これをみても、JRで緻密な計画が進んでいることがわかる。平成25年梅田貨物駅廃止と絶妙にリンクしている。

こだわりの「なにわ筋線」ですが、プレスリリースがあったわけでも、なんでもないです。

ただ坦々と、好きものが書いているだけ。うちの流儀だろうか?

2010年8月19日 (木)

新大阪の紹介ですっ

ほとんど取り上げることがなかったのですが、新大阪です。

かるく紹介したいと思います。

大阪人からまったく評価されていない街。よくて玄関、ほとんど場末扱いなんですが、なんていうのか? どこも超高層林立した街に住んでいるからか、不思議なことに大阪人は新大阪を大阪のひとつの街とは認めません。

私もその気持ちはわからないではないですけど、これには疑問も残ります。

なぜかっていうと? 大阪では百貨店の一つや二つないと、一人前の街と認めない傾向が強いですね! 残念ながら新大阪にはデパートがあるわけでも、イオンがあるわけでもないのですね。

でも、私はへそ曲がりなので、新大阪を非常に評価しています。

なぜか? 経済を、あるいは都市を階層構造でとらえると、イオンやデパートがあるのは田舎ということになりますから・・・。

どういうことか? 都市には目に見えない階層構造があると思いますよ。

それは人が多くて、賑わっている街とか、見た目都会に見えますけどね。賑わっていないけれども、重要な街もあると思います。

それで経済的上位機能とはなにか? ということだと思います。つまり、これは土地生産性の高い機能が上位になるはずです。単位面積当たりの生産性ですね。

やっぱし、土地の高い場所で農業は具合が悪い。農業だけでなくて、工場も具合が悪いことになるはずです。土地の高い場所では採算がとれないのだと思います。

人の集まる場所とまた意味が違うのですが、梅田で農業って、誰も考えませんよね。私はそうした階層を考えたとき、民間企業のオフィスが通常上位機能だと思っています。

そうすると、新大阪のオフィスの集積を見ると、ひときわ輝いて見えるのです。

新大阪に行ってきましたけどね。けっこうすごいですよ!

はっきり言って、これだけの集積は県庁都市ひとつ分はあるように思います。

新大阪の範囲は、御堂筋線の西中島南方駅周辺から北は東三国駅あたりまでとするのがよいでしょう。真上を伊丹に着陸する飛行機が低空で通過するため、高さこそないですがビルの集積が半端ではない。おびただしいビルに囲まれています。

新大阪は正面南側が西中島、北口側は宮原の地名になっています。宮原は昔から国鉄→JRの車両基地で有名です。

それで昭和39101日東海道新幹線開通、新大阪駅の開業によって新大阪の街がスタートしたのですね。
地下鉄御堂筋線・梅田-新大阪の開通は新幹線開業の一週間前だったと記憶しています。46年前という途方もない歳月ですが、当時地下鉄開通の初乗りに行きました。地下鉄を降りて、まだ営業前の新大阪駅を見て回ったのでした。

006
高架の新幹線の駅に、交差して東寄り地平にJR京都線があります。

007
西中島・南側正面はこんな感じです。手前の高いのは「新大阪ワシントンホテルプラザ」、遠くに見えるのは「新大阪プライムタワー」 。

008
JR京都線、大阪方面です。左の東側にキーエンス本社ビルが見えています。

012
振り返ると、こんな位置ですけど。

020
これは北口側の東西道路になります。わかりにくいですね。
これをすこし上から見ると、こんな感じです。

11712
左の遠くから「新大阪ニッセイビル」、「新大阪トラストタワー」、「新大阪第一生命ビル」
それ以外に、「上村ニッセイビル」、「住友生命新大阪北ビル」、「メルパルク大阪」、「SORA21」などがビル群になっています。

022
「新大阪ニッセイビル」はこんな感じ。
では、このへんで。

2010年8月 8日 (日)

梅田を巡ってみる

梅田を巡ってみる

あまり撮影してないロケーションで撮影。

まず、新御堂筋を新大阪から梅田に向けて南下。淀川を渡って豊崎降り口で降りる。

そのまま新御堂筋の高架下を南下する。いつも中津か、茶屋町で右折するのだが、今回直進して、JR京都線の手前で停止。右に「チャスカ茶屋町」、左に「梅田ゲートタワー」といったポジションで停車。

010

新御堂筋の梅田降り口がある。あまり来ることがすくない地点だろうか。理由は渋滞にはまって、イライラの体験から。ここで撮影した写真をリードとします。

009

まず「梅田センタービル」が見える。意外に良い撮影場所がないビル。もうずいぶん古くなったが、竹中工務店の代表的な作品。ハーフミラーガラスの超高層だが、竹中工務店の得意とする意匠といえる。大きな床面積の太い超高層ビルをスレンダーに見せる工夫がある。いくつもの直方体を組み合わせたような、セットバックによって四面のどの片面も短いスパンにしている。

012

011

新御堂筋に面して、「梅田ゲートタワー」の完成した姿があった。高架道路の新御堂筋からはいつも見ていたのだが、いつの間にか完成したようだった。こうした装飾を押えた抑制の効いたデザインが現代では主流のようだ。前庭にある竹林の植栽もすずやか感覚であろうか?

梅田の取材はもうすこし続きます。続きはコチラ

2010年8月 1日 (日)

阿倍野再開発

久しぶりに天王寺に出たら、阿倍野再開発の工事が進んでいた。

とくにホテル・店舗などからなる複合ビルA1-2棟のこと。「西日本初」とか、大きな表示幕があった。ここまできたら、建物自体はかってに上がる。ショッピングセンターの「A-2棟」は最初に鉄骨上棟しているから、足場解体、完成まで変化はない。

見どころといえば、歩道橋とそれに伴う工事かもしれない。A1-2棟でも建物の手前に通路風のRCの構造物ができていた。

とにかく足場ネットがあると中が見えないので、いまいちワカランこと多し。完成時の姿を見るには、けっきょく設計図しかないワケだ。工事の後先や順序は設計図で指示しているわけではない。これは現場の裁量でやってる。

005

008

007

006
これは阿部野橋ターミナルビル、タワー館の工事。
もう一枚、完成パースの全体図を入れておきます。

002

もうだいぶ昔のことになりますが、関東から越してきたひと(年配)が、新聞に投書していました。
大阪に来ておどろいたのは、「関西の電車は遅い」・・・とあった。どうもイライラされていたようだが、「東京の電車は、もっと飛ばす」と書いておられた。

住所は吹田市とあるのと、文脈から阪急千里線を指しているらしかった。たしかに遅い電車の筆頭にはちがいない。
こっちからしたら、なぜ? そういう特殊な電車を関東全般の電車と比較するのかワカラン。阪急千里線って、大阪でもそうよく知られた線でもあるまい。それなら、淡路で交差している阪急京都線と比較すればいいのにと思ってしまうのだが・・・。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

スポンサードリンク

ウェブページ