2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサー

無料ブログはココログ

« 逆説の大阪論:天王寺から難波まで歩く・その1 | トップページ | 梅田阪急ビルの周辺その後 »

2010年5月20日 (木)

逆説の大阪論:天王寺から難波まで歩く・その2

なんさん通りを西に向かった。もう難波まですぐである。

電気街は拡大しているようで、南海難波駅まで伸びている。

堺筋のひとつ西側の広い南北通りを見ると、やはり大賑わいの人通りであった。何か集客のある店舗があるようである。

上新難波店までくると、信号があり北に行くと吉本会館の東側、東道具屋筋とある。

021

022

まっすぐ西に行くと、もう南海難波駅は近い。なんばCITYとか、きれいなショッピングゾーンならこっち。

濃いのをお望みなら、もう一本西側のアーケードの道具屋筋を冷やかすのが面白い。。

これがぼくの昔からの予定のコースでもある。

この道具屋筋も昔からある。ナベ釜・食器から什器・家具まで、プロ用のが揃っている。

023

024

これは見てみると、「オッ!」と、じっさい新鮮な感動になる。

どこの観光地にもある土産物屋の大阪版といえようか。しかも本物だから見て損はない。

この通りを抜けると、難波グランド花月が見えてくる。左はワッハ上方、府立上方演芸資料館。ビル前はちょっとしたたまり場になっている。このビルにはジュンク堂書店が入居にている。たしか大阪進出はこの店からだった。

029

033

032

とくにこの店は図書館顔負けに、座り読みOKと椅子が並べてある。考えてみればこれも凄い逆説商法ではないか。

鵜呑みに受け取れば、「本は買わずに、店内で座ってお読みください」となる。

他の店舗の事情は知らないが、大阪でも濃い場所といえる難波だから通用するのかもしれない。店内で読んで買わずに帰るなど、けっしてできないのが、この濃い地域のお客さんの気がする。

左に折れれば南海通だから、南海難波駅までスグである。

難波高島屋の前に立ってみる。この春に増床オープンしたらしい。

037

038

039

041

東側が事務所棟だったのを売場に改装したのと、裏側あたりも増築工事をやっていたので、広げたようだ。いずれも2011年梅田対策といえる。

南街会館だった向いは丸井になってからかなりたつが、どうだろう。

鼻息の荒い、なめたコメントがあったのを記憶している。大阪人には鼻に付く感じもあった。

044

043

すくなくとも大阪で成功を収めるのは、そう甘くないはずだ。

大阪は小売商売の素人だが、デパートに関しては先進地なのである。なにより怒涛の競合にさらされている。

なに、東京からの進出だと!

東京の店に価値をおかない。地方都市のように有難がらない。

残っているデパートを見れば東京の会社などというのは、大阪では何の価値も持たないのが分かる。大阪で成功を収めるのは、ただひとつ。店舗そのものの魅力だけである。

御堂筋方向を見ると、新歌舞伎座が見える。上本町の移転先のビルは完成が近いはずだから、この姿もそう長くないだろう。これも設計は村野藤吾だった気がする。

堂々のRC桃山造りの殿堂。長い間ご苦労様といいたい。

官製の東京の街とちがい、難波はJR駅のない珍しいターミナルである。大阪は民都というのもうなずける。

まっすぐ歩けば、40分くらいで着く距離であるが、あっちこっち店を冷やかしながらの道中なので、3時間くらいかけて歩いた。

歩くと疲れて腹がへる。うどん屋でちょい食いした。日本橋に飲食店需要もあるようだ。

このコースはこれまで三度目くらいだろうか。難波が目的地なら歩けないが、移動の途中が目的なので歩ける。だいいち天王寺から恵美須町までが中途半端。日本橋は難波からつながっている。電車なら難波が近い。

« 逆説の大阪論:天王寺から難波まで歩く・その1 | トップページ | 梅田阪急ビルの周辺その後 »

歩く大阪」カテゴリの記事

コメント

マルイができてすぐの記事のコメントの事でしょうか<鼻につく記事。
それから一年後に、もう一度記事が出てましたよ。いわく、大阪の人は東京のようにマスコミ主導で動いてくれない。必ず何か自分なりの独自のアレンジをする。などなど。最後に、大阪の人のこのやり方を取り入れる事ができれば、東京で新しい波を起こせるかもしれない、と言うニュアンスのことが書かれていたと記憶しています。
呵呵大笑してしまいました。

あとジュンク堂は基本どの店舗も椅子机ありですよ。梅田でも多くの人が座って読んでいます。そしてついつい座れるために多く探してきてしまった本をそのまま購入と言う流れに・・・(苦笑)人間の心理をついてますね。

マルイのコメントは東京らしい考え方と思います。
マスコミ主導で動く部分も大きいことは確かだと思います。
私の記事は、マスコミとは逆のバイヤスがあると思います。
ジュンク堂はこの店のオープンでとくに強調されていたので。椅子はたしかに置いていますね。堂島大阪本店でも。マルイト難波ビルの難波店は少ない気がしました。あの店大丈夫か心配になります。

そうですね。場所的に少しと言うかかなり不便ですから・・・ただやはり最大と言う事で、マルイトの方へ個人的には行く事が増えましたね。
そういう人も出るのではないでしょうか。

私もマリイトの難波店には何度か行っておりますが、こちら、千日前はたまたま、行き当ったのでした。
ジュンク堂さん、大型店ばかり出店してよくやりますね。書店はやはり駅近がいいようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1256578/34784266

この記事へのトラックバック一覧です: 逆説の大阪論:天王寺から難波まで歩く・その2:

« 逆説の大阪論:天王寺から難波まで歩く・その1 | トップページ | 梅田阪急ビルの周辺その後 »

スポンサードリンク

ウェブページ