2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサー

無料ブログはココログ

« 庚申街道&高野街道 | トップページ | 交通科学博物館の見学 »

2010年3月14日 (日)

弁天町の印象

弁天町といえば交通科学博物館があって、昔は鉄ちゃんの聖地だったのだが・・・
最近は200m級の超高層ビルが増えたりで、けっこう目立つ場所になっている。

大阪環状線の開通は昭和36年4月21日で、それまで弁天町は大阪人さえ知らない、まったくの無名の地名だった。
なにせ、大阪砲兵工廠のあった京橋OBPの地名が当時、弁天町といわれていた。すでにOBPに弁天町の名残の形跡はないと思うが、ポンプ場か何かに名残があるかもしれない。

Cimg8578
交通科学博物館の展示写真「大阪環状線開通式典」

やっぱし、大阪市内の交通は市交通局が中心になっていたようだ。つまり市電が市内交通機関といえた。それで、大阪西部、湾岸寄りにJR大阪環状線が開通した。
開通区間は天王寺-西九条間であった。開通当時の駅は大正と弁天町の二つだけだった。
天王寺を出ると、大正まで駅はなかった。2~3年したら、新今宮駅が開業し、つぎに芦原橋駅が開業した。昭和40年頃だったと思う。今宮駅は関西線の駅だったが、いったん廃止の決定したものの、反対運動があって、復活した珍しい駅である。

200811_2
写真は境川の市交通局庁舎から

Cimg8559
この写真は交通科学博物館の敷地内から撮影

1192978867_2

1192978867_3

あとの2枚は、以前に掲示板で発表した写真。
生駒山からの撮影。最後の写真を見ると、クロスタワーベイに串刺しに沈みました。
ぼんやりして、はっきりしませんが、うしろの方に明石海峡大橋があるような、ないような写真です。

とりあえず、弁天町は次回も少しやりますが、今回はこれだけに。

« 庚申街道&高野街道 | トップページ | 交通科学博物館の見学 »

弁天町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1256578/33760364

この記事へのトラックバック一覧です: 弁天町の印象:

« 庚申街道&高野街道 | トップページ | 交通科学博物館の見学 »

スポンサードリンク

ウェブページ