2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサー

無料ブログはココログ

« 春めいて大阪 | トップページ | 早春の山岳ドライブ »

2010年2月27日 (土)

大阪地下鉄の新線計画案

今回は審議会答申にない新規計画を私なりに発表する私案。

大阪地下鉄新線の提案「大手前環状線構想」。

大阪地下鉄の2008年の収支状況はWikipediaによると、以下の通りになっている。

御堂筋線 - 3557200万円の黒字

谷町線 - 695100万円の黒字

中央線 - 477000万円の黒字

堺筋線 - 18000万円の黒字

四つ橋線 - 28600万円の赤字

千日前線 - 22800万円の赤字

長堀鶴見緑地線 - 705800万円の赤字

今里筋線 - 976400万円の赤字

最近の報道では乗客の減少も伝えらるものの、御堂筋線の大幅な黒字と、谷町線に続く路線も収支が改善されている。ここで注目すべきは四つ橋線の状況があまり振るわないことである。

四つ橋筋自体は、昔の市電時代は南北線と呼ばれた御堂筋線に次ぐ重要路線であったのだが、比較的短い路線や他社線との連絡が悪いなど、地下鉄路線としての重要性は低下気味といえる。西梅田が終点というのも都市交通としては非常にマイナスになっている。

地下鉄という都市交通において、重要ターミナルは貫通させるべきで、起点・終点であってはならないと考える。この弱点はさいわい十三への延長計画が浮上しており改善の方向にある。

大阪市が過去に市営モンロー主義と呼ばれる態度を取ってきたのも、偏狭な思想なり構想力の不足になったのではないか? 他社との相互直通運転の少なさだけでなく、乗換えの考慮されてない駅もあったりする。

絶対的有利といえる高密度な市街地の中で、現状の大阪地下鉄の路線網はあまり面白くない。今後の計画線もその延長にあり、千日前線、長堀鶴見緑地線、今里筋線の末端延長計画があるにすぎない。費用対効果を考えても末端延長は費用の割にいまいちといえる。

なにより「阪神なんば線」、あるいは「なにわ筋線計画」の如く、短くても都心部に新規路線を造って既成線を乗入れさせるべきと考える。

私が以前から思っていたのは、「地下鉄で環状線ができないものか?」である。これまでの路線網形成過程を見る限りでは、地下鉄の環状線はまったく構想されていない。そこで四つ橋線の延長計画を環状線にできないかと考えたのが、今回の「大手前環状線」構想ということになる。上町筋の地下、大手前に通す路線なのでこの名称にした。

Subway_number2k

いくつかの条件を考えたが、環状線にして大阪の重要ターミナルをすべて結ぶ経路を選定した。

西梅田からルートを時計回りにたどると、北梅田(北ヤード地下)、十三、新大阪、淡路、都島、京橋、大手前、法円坂、清水谷、上本町、五條宮前、天王寺、阿倍野、松虫、北畠、千躰、沢之町、清水丘、北島、住之江公園、これで既設の四つ橋線につながる。あとは既設の四つ橋線、難波、四つ橋、本町、西梅田に戻る経路となる。

これで、西梅田、難波、天王寺、上本町、京橋、都島、淡路、新大阪、十三、北梅田と大阪最重要ターミナルをすべて結んだ環状線が完成する。

なぜ環状線なのか?環状線形成の考え方を少し書いておくと、環状線の場合は路線の経由地にかかわらず、外れがないこと。非常に乗客が多くなって儲かる路線になる。

環状線の形は円形よりも細長い楕円形や変形した形が良い。場合によっては「ドッグボーン型」と呼ばれる形も考慮したい。ドッグボーン型とは、模型鉄道のレイアウトの配線様式のひとつで、犬の骨の形からきた名前である。

たとえば、御堂筋線の北の終点、千里中央からUターンして戻ってきて西梅田につなげる。南の終点の中百舌鳥から戻ってきて、四つ橋線の住之江公園につなげると、御堂筋線と四つ橋線がつながって、ドッグボーン型の環状線になる。どっちにしても環状線にすると乗車率が平均して優良路線になる。

いまの大阪地下鉄の路線はみんな「行ってこい」の終点ですから、はしっこになると乗客が減るのは仕方ない。

東京に比べて、事業化が不利な点もあったと専門家も指摘していたが、それにしても志しの低さが気になる。きつい言い方になるかもしれないが、今里筋線のような場末と場末を結ぶ路線なんていらないでしょ。わたしゃ場末住みだけど、路線選定が下手の見本。乗換えを前提にしている考え方はよくない。安易に考えて通る場所を決めているとしか思えない。手薄な場所に通している感じします。

だったら、梅田から北側というか、淀川から北には御堂筋線しかないじゃないですか。淀川以北こそ手薄になってる。

JRや私鉄との相互直通運転の少なさなんかは誰もが認識しているので言いませんが、梅田を通る地下鉄がたったの3本というのもどうかと思いますよ。西日本最大のターミナルにたったの3本こそ恥ずかしい。東京の地下鉄、メトロと都営あわせて13本あるのですけどね。最近できた副都心線と大江戸線を除くと11路線です。それが全部都心というか、東京駅付近を通っているのですね。駅名は大手町や日本橋、日比谷であったりしますけどね。丸ノ内線だけは駅名も東京です。JR系の京葉線とか総武線快速なんかは含めずにね。

つまり東京の地下鉄は都心と場末を結んでいる。大阪の地下鉄は場末と場末を結んでいることになります。はい。だから今里筋線ができたりするのに、梅田にたったの3本になってるのです。私には大阪の地下鉄は不満です。

東京は大阪みたいに碁盤目じゃないし、東京の地下鉄を把握するのは難しいですから、東京住みの人も自分の使う線以外はよくわからないと思いますけどね。

« 春めいて大阪 | トップページ | 早春の山岳ドライブ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

なるほど。

いいですね。

大阪市営地下鉄の環状線構想としては、「淀川北岸線」があります。長堀鶴見緑地線大正駅から新大阪経由で今里筋線につなぎます。交通審議会では検討されましたが、答申には盛り込まれませんでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1256578/33554088

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪地下鉄の新線計画案:

« 春めいて大阪 | トップページ | 早春の山岳ドライブ »

スポンサードリンク

ウェブページ