2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサー

無料ブログはココログ

« 梅田も見るとこ多くなったね! | トップページ | 梅田も見るとこ多くなったね!PARTⅢ »

2010年1月31日 (日)

梅田も見るとこ多くなったね!:PARTⅡ

Cimg8943

次に行ったのはアクティ大阪・27階展望フロア。新北ビルがもっとも近くから見える場所です。やはり多くの人がガラス越しに工事の様子などを見ていました。

ドーム屋根の上では、多くの作業員が命綱を頼りに仕事をしているのが小さく見えています。以前は南面からの展望を見る人が多かったけれども、とうとう逆転。平日もあって、南側フロアの喫茶スペースは人で埋まっていましたが、窓から外を見る人影はなし。

Cimg8950

Cimg8946

Cimg8954

Cimg8953

でも、アクティ増築工事のクレーン先端がすぐ目の前を行ったり来たり。

北面東寄り、日本料理の「多幸梅」のお店が閉鎖されて、大阪駅プロジェクトのPRコーナーに改装されていました。熱心に見る人もいました。

Cimg8934

Cimg8929

Cimg8937

Cimg8930

あとは、大阪駅の11番線ホームが年末から使用を開始したので、こちらも覗いてきました。

以前の11番線ホームは幅が狭くて、あまりよくなかった。大阪環状線に多く見られる相対式のホームの片側だけの感じ。このタイプのよくないところは外壁の美観ですね。

大阪駅も1980年頃旧北ビルができる前は、ホームの外壁が露出していてみすぼらしかった。私鉄の新しい駅は、うまくきれいな外壁材を使って処理しているのが多いけれども、国鉄時代からのこのタイプの駅は残念ながらひどいものでした。

新装の11番ホームは相対式の片側一面は同じですが、新北ビルと一体化したようなつくりだから、バッチリ面目一新して、いちばんよくなった感じです。このホームは長距離列車専用だから、みすぼらしさが解消されてよかった。

ホームに上がったら、停車していたのは特急「サンダーバード」31号。案内表示を見ると、30分ヘッドなんですね。15:42発富山行の次は、16:12発金沢行とか。

それにしても「サンダーバード」ばっかり。「雷鳥」は国鉄形の485系ということか? こりゃ国鉄形も風前の灯だ。いまごろ「なに言ってんの?」となりそうだが、形式別に愛称も分けるのは最近の傾向? 最新の4000番代(番台の表記が多い)683系はシングルアームのパンタグラフを逆向きに、発車して行った。

« 梅田も見るとこ多くなったね! | トップページ | 梅田も見るとこ多くなったね!PARTⅢ »

梅田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1256578/33197266

この記事へのトラックバック一覧です: 梅田も見るとこ多くなったね!:PARTⅡ:

« 梅田も見るとこ多くなったね! | トップページ | 梅田も見るとこ多くなったね!PARTⅢ »

スポンサードリンク

ウェブページ